CONTENTS

生理周期に合わせてバストアップ

前述でご説明したように、バストアップには女性ホルモンが大きくかかわっています。女性ホルモンは、女性らしいからだつきを作ったり、女性として子供をうむためのはたらきを助けてくれています。 毎月の生理も、子どもを産むために重要なものですが、それを引き起こしているのも女性ホルモンなのです。 生理前には、よく胸がはったり、頭痛に悩まされたり、 吐き気が出たりという症状がでることがあります。最近では、PMS(月経前症候群) として認知もされてきました。それも女性ホルモンが原因なのです。

生理前には、女性ホルモンの分泌量が高まるために、普段とは気分が変わったり、普段とは違う体調になったりしてしまうのです。バストアップを望む人にとっては、 生理前は何もしなくてもバストアップが期待できてしまいます。逆に、生理前の時期にバストアップのためのサプリメントを飲んでいると、PMS、月経前症候群の症状が強く出てしまって、美しく女性らしくなりたいのに、 それとは違った逆のつらい症状に悩まされることになります。ひどい場合は、精神的にもイライラが強くなってしまい、気分が落ち込むことも増えますので、 無駄にこの生理前の時期にバストアップのサプリメントを飲むのは控えたほうが良いです。そのかわり、生理が終わってからは、また女性ホルモンの分泌量が減っていきますから、 バストアップのサプリメントで女性ホルモンをおぎなえば、より豊かなバストを期待することができるのです。

しかし、生理前以外にも、飲酒時には、バストアップのサプリメントを服用することで、吐き気や倦怠感が強く出てしまうといった副作用が起こりやすいですので、友だちとの飲み会を控えているときなどは、 女性ホルモンをとりすぎないよう、バストアップのサプリメントも飲む量を控えたほうがよいでしょう。

このように、生理前には嫌でも女性ホルモンが増えてくれますから、この時期にはカラダの中から女性ホルモンを摂取してバストアップを目指すのではなく、マッサージや運動で、 いつもより張った状態のバストをほぐしてあげると、より美しいバストに近づけることができます。美しくバストアップするために、サプリメントを飲むわけですから、 体調が悪くなるような副作用が出る時期に飲むのは意味がないので控えて、そのかわり、そんな時期でもできるマッサージを増やしたりと、時期によってバストアップ法を考えながら的確なアプローチをすることで、 心もからだもすこやかな、美しい女性をめざしましょう。

© Copyright バストアップの仕組み All rights reserved.