CONTENTS

鍵を握る「脂肪組織」

恋人

恋人と海やプールに出かけて水着をきた時や、友人と温泉旅行に出かけた時など、様々なシーンで「もっと豊満なバストになりたい」と感じた経験がある人はたくさんいるのではないでしょうか。 普段、お洋服を着ている時でも胸が豊満だとスタイル良く着こなすことができます。テレビ番組や雑誌など様々なマスメディアでバストアップの方法が紹介されていますが、 実際にバストアップに成功するには何が大切なのでしょうか。

バストアップの鍵を握るのは「脂肪組織」です。実は、バストの約9割は脂肪でできているのをご存知でしたでしょうか。女性ホルモンの分泌が活性化されるとバストアップ効果が期待できますし、 自分で乳房をマッサージして乳腺を刺激するのも良いでしょう。自分でマッサージをする場合ですが、むやみやたらな方法で乳房を刺激するのではなく、 バストアップ用のマッサージジェルなどを利用して優しく刺激するのがおすすめです。バストアップの手術として自分の脂肪をバストに注入する方法がありますが、 マッサージによって脂肪を乳房の中心に集めることも可能です。バストへ向けて脂肪の流れができるように、脇の辺りやお腹の余分なお肉を寄せ集めてください。

マッサージをする時は、きつく揉まないことに注意してください。先ほども述べたように乳房の約9割は脂肪でできてるいるので軽い刺激をあたえることでバストアップに効果がある可能性もありますが、 間違ったマッサージをすると最悪ののケースなら脂肪が分解されて乳房がしぼんでしまう場合すらあります。

バストアップをする上でのポイントの「脂肪組織」ですが、これは皮膚と筋肉の間に存在する組織です。マッサージだけでは急激な変化を感じることは難しいですが、 サプリメントを使用したり豊胸施術を行ったりすると大きな変化を感じることができるでしょう。豊胸施術の中にはヒアルロン酸を注入するものや自分の脂肪を注入するものなど様々なタイプのものがあるので、 それぞれのメリットやデメリットをしっかりと把握した上で選択するのがおすすめです。

また、豊胸施術をするほどの勇気がない人も、エステでバストアップをすることが可能です。出産や加齢によるバストのたるみなどを治したいと考えている人も気軽に挑戦できるでしょう。 バストアップの施術やエステを受けた後も、脂肪が分解されてしまわないように下着などで補正しておくことがおすすめです。脂肪組織のことを意識して、バストアップを目指していきましょう。

© Copyright バストアップの仕組み All rights reserved.