CONTENTS

黄体ホルモンについて

バストアップは多くの女性のあこがれとなっていますが、ダイエットとは違って自分の意志で形や大きさを変えるというのは非常に困難でもあります。 通常、バストアップというと、トップの位置を高くして若々しいバスストを維持すること、バストの大きさ自体を大きくすることを両立させる必要がありますが、 これらのいずれにも「プロゲステロン」という黄体ホルモンが大きな影響を与えています。

女性ホルモン

黄体ホルモンというのはエストロゲンと並ぶ女性ホルモンのことで、主にこの二つのホルモンがバランスを保つことにより、毎月の月経が起きたり、女性らしい体作りに影響を与えたり、 体内の赤ちゃんの発育を促したり、授乳のための母乳づくりを促したり、精神面でのバランスや健康を保つなどの大きな働きを持っています。 そのため、これらのホルモン量が減少する更年期になると不定愁訴や体の不調などを感じたり、体質が変わることも多く、人工的に女性ホルモンを補充することで症状を改善させることがあります。 これがいわゆる更年期障害です。

黄体ホルモンは子宮内膜の成熟を促したり、子宮内の筋肉の緊張を和らげたりする役割をもつホルモンのことで、乳腺を発達させる働きも持っています。 妊娠中や授乳期間に一時的にバストが大きくなることを感じる女性も多いですが、これはこの期間に黄体ホルモンの分泌量が普段以上に多くなっていることが大きな原因です。 したがって、逆に言えばバストアップをするために黄体ホルモンの分泌を促すことは、非常に大きな効果があるともいえます。もちろん人工的にホルモンを補充までしなくても、 食事療法やハーブ、サプリメントの利用でも、継続することで十分な効果が期待できます。黄体ホルモンには生理痛を緩和させたり、生理不順を改善させる働きもありますので、 特に生理の乱れがひどい人などは婦人科でホルモン注射を受けるk十もあります。健康のためにも積極的にホルモンバランスを整える食生活やサプリメントなどの取入れは有効です。

これに加えて、バストアップのために大胸筋を強化するエクササイズをしたり、ホルモン分泌が活発になる修身の時間を十分に確保して、質の良い睡眠をとることができるように生活を見直すようにすると、 大きさだけでなく若々しく張りのあるバストを維持することができるようになります。また、バストアップ効果のある補正下着なども、大きくなったバストの形を整えるのに有効です。併せて利用しましょう。

© Copyright バストアップの仕組み All rights reserved.